モダンバレエとクラシックバレエの違い②

京都  二条

司モダンバレエ
スタッフブログの増田ですニコニコ
じゃあ、実際にどんなレッスンするんでしょう。
幼児編(3歳から1年生くらい)
基礎レッスン

レッスンの内容については
モダンもクラシックも、ほぼ変わらなく見えるのでは無いでしょうか。
可愛くポーズをとらせたり、リズムに合わせ元気にスキップしたり、柔軟体操やストレッチ、バーにつかまらせてポジションを教え、足を曲げたり背伸びしたり、上げたりですね。
ただ、実際にクラスを指導されている先生やお教室の考え方によって、雰囲気に大きな違いがあります。
クラシック、モダン関わらず、
厳しい感じのお稽古場もありますし、司バレエのように、先生も子供達も一緒になってワイワイしているような教室も有ります。
ただ比較的、
クラシックの先生に厳しい方が多いのは、純粋にクラシックバレエに没頭されてた先生ほど、子供に対してもそのまま普通に厳しいのだと思います。クラシックでは子供の為のステップや基礎はほぼ存在しないので、教えるとなると、相手が小さい子供であっても、そのまま芸の厳しさを指導される事になるのだと思います。トウシューズを履かせる為の大切な準備期間です。
でもこれでは多くの子供は続かないので、最近では、幼稚園の教員免許を取得されてる先生が在籍しているクラシックバレエ教室も有るようですし、小さい子も楽しめるようリトミック的な要素や、それこそ、モダンバレエのような指導を取り入れてておられる所もあるようです。


それに比べて
モダンバレエでは、
子供には子供らしい表現を求め、子供の為の踊りやステップも多く教える事にになりますので、楽しい教室が多いと思います。
まずは子供達から緊張やこわばりを解き、笑顔で一生懸命頑張れるよう「先生、大好き」というようなコミュニケーションが取れる事と、子供が元気よく朗らかに踊れているかという点に重点がおかれる。からではないかなと思います。
たまに元気が出過ぎて大変です(^_^;)。
私は小さい頃はとても内弁慶な子でした
( ̄ー ̄)。
何か習わせようと心配してくれた母が、たまたま近所にあったクラシックバレエ教室に連れて行ってくれました。
笑顔も言葉もいらなさそうなので、これなら出来ると思い、習いたいと言ったのを覚えています。喋らなくていいので、安心して頑張る事ができました。バレエとはこれが全てだと思ってましたし、たまに合同公演などで会う、楽しそうに踊っている他所のモダンバレエ教室の子供達を見て、あれはバレエじゃないわなんて思っていました。
しかし、
高校生のとき司モダンバレエに出会い、初めて子供のクラスを見たときに、先生も子供達も、本当に楽しそうに熱中して踊っている姿に衝撃を受けました。
「あぁ、バレエって踊る事だったんだ~」
是非
子供たちに合ったお教室選びをしてあげてくださいね。

コメントは受け付けていません。